2017年4月1日土曜日

広宣部の実態

 今回は、創価学会による数々の非公然活動の実行部隊、広宣部について述べる。この部
隊は、学会にとって都合が悪い、あるいは何らかのトラブルで敵視された人々を「仏敵」
と呼び、監視や嫌がらせの標的にしている。

 元公明党委員長・矢野絢也氏の著書、『黒い手帳 創価学会「日本占領計画」の全記録』
によると、広宣部は昭和63年(1988年)、創価学会と対立する宗教団体・顕正会の実態把
握を目的として、当時、顕正会本部があった東京都板橋区の、学会男子部幹部が創設した
という。

 その活動について、現在、学会の主任副会長である谷川佳樹氏らに報告したところ、谷
川氏はこれを高く評価し、広宣部は全国的な組織となった。

 平成3年(1991年)、学会が日蓮正宗から破門されると、広宣部の主要な標的は、顕正
会から日蓮正宗へとシフトしたという。

 前回、ジャーナリスト・野田峯雄氏の著書『わが池田大作バッシング』から、教宣部の
内部文書について引用したが、同書には広宣部についても、以下のように記述されている。 


>  さらに、彼らは「教宣部」以前に「広宣部」と名付けた秘密謀略部隊を全国に配置
> していた。たとえば、これは「広宣部」のほんの端っこの一例に過ぎないが、九四年
> に大阪市の創価学会東住吉東本部の幹部たちに配布された文書「勇気のエンジン大作
> 戦」をみてみよう。それによれば、彼らは次のような行動チームを編成しているとい
> う。
> ①FOCUSチーム=僧侶やその妻たちをつけまわすネタ取材班。
> ②特攻野郎Sチーム=男子部の特殊潜行活動班、別名「鉄砲玉」。
> ③ワイフ・キャッチャー・チーム=婦人部の追っかけイヤガラセ班。
> ④四条金吾チーム=壮年部の特別抗議行動班、別名「893(やくざ)部隊」。
> ⑤十羅刹女チーム=婦人部の電話抗議行動班、別名「極道の妻たち」。
> ⑥パトリオットミサイルチーム=寺からくる郵便物の回収作業班。
> ⑦ナポレオン・グループ=不可能を可能にする唱題会。別名「わら人形グループ」
> (わら人形を五寸釘で打ち付ける呪い)。

>  最後に次のような注が付されていた。
> 「以上、本部・支部・地区のビクトリー責任者が核となって行動します」


 どうも頭が悪い人が中二病をこじらせたようなネーミングセンスで、失笑を禁じえない
が、信じがたいことに、この文書はいい年をしたオジサンたちが、真剣に作成したものな
のだ。

 この文書で取り上げられている嫌がらせ等の標的は、日蓮正宗の寺院・僧侶であるが、
こうした悪意に満ちた活動に、創価学会は組織ぐるみで邁進していた。狂気の沙汰である。

 たちの悪いことに学会員たちは、このような反社会的活動を、正義の行いと信じている。
上記だけ見ると、いかにも稚拙で笑うべき連中と思われるかもしれないが、野田氏は、別
の著書『増補新版 池田大作 金脈の研究』で、学会員が関与した「交通事故死」について
も述べている。

 同書で取り上げられてる2件の交通事故は、いずれも平成6年(1994年)、北海道で起
こり、被害者はそれぞれ、日蓮正宗の僧侶と信徒、加害者側に創価学会員が関与している。

 1件目の事例の被害者は、室蘭市の日蓮正宗深妙寺の住職・大橋信明氏で、国道を乗用
車で走行中に2トントラックと激突、死亡した。警察は、大橋氏がセンターラインを超え
て、対向車線にはみ出したことが事故原因とした。

 しかし、この事故の相手方のドライバーが熱心な学会員だった他、一般人はまだ誰も知
らないはずの事故直後、「号外 遂に日蓮正宗天罰下る! 室蘭 大橋住職交通事故死!」
などと書かれたビラが撒かれるなど不審な点が多かった。

 また、大橋住職は日頃から、学会員から監視や嫌がらせを受けていたという。同書には、
大橋住職の知人の話として、次のように述べられている。


> 「当時、学会員の攻撃がものすごく、日本全国で、私たち日蓮正宗の信徒や末寺の住
> 職に対する監視、尾行、盗聴、執拗な訪問、ののしり、脅迫、ビラによる誹謗中傷、
> 車による追跡と追突、暴行、放火などが頻発していました……私はあのとき大橋住職
> が何者かに激しく追われ、必死で逃げ、〝問題のポイント〟にさしかかったのだと確
> 信しています」
>  しかし、警察は大橋住職の非による交通事故として処理してしまったようなのだ。


 2件目の被害者は、札幌市の日蓮正宗信徒、富岡孝一氏と對島妙子氏である。二人は札
幌市内の聞仏寺所属の法華講幹部で、講の会議の帰りにワゴン車で走行中、トレーラーに
突っ込まれ死亡した。

 なお、助手席に乗っていた富岡氏の妻は、重傷を負ったが、一命はとりとめたという。
この事故も不審な点が多い。以下、前掲書から引用する。


>  富岡さんの家の者は学会員にしょっちゅう尾行されたり、いたずれ電話をかけられ
> たりしていて、事故の前日と当日も黒っぽいセダンに監視されていたという。
> 「現場に立てばすぐわかりますよ、見通しはいいし……トレーラー車の激突のしかた
> があまりにも不自然だと」
>  札幌市内の日蓮正宗の寺の住職はそう話す。
>  で、富岡さんの仲間がトレーラー車の運転手周辺を調べたところ――本人は学会員
> であることを否定。学会員であることを示す客観的な証拠もなかった。
>  しかし、彼の勤務先(運送会社)の社長がここ札幌ではかなり有力な学会員だと判
> 明した。同社長は学会員運送業者のつくっているグループの中心メンバーで、そのグ
> ループの名簿にちゃんと名前を載せている。
> 「しかも、こんなことになっていたんです――運転手の住んでいるアパートの真下の
> 部屋には、洗脳(マインド・コントロール)上手として知られている学会青年部の活
> 動家がいました。この男は尾行や嫌がらせなどを行なうビクトリーグループと名付け
> た組織のリーダー格です。彼の部屋ではしょっちゅう会合が開かれていた……そうい
> えば、オウムにもビクトリーという名の裏工作部隊がありましたねェ」
>  と、日蓮正宗の寺の住職(前出)はいってタメ息をついた。
>  室蘭の事故といい札幌の事故といい、なぜ、こんなに創価学会員がからんでいるの
> だろうか? 偶然にしては重なり過ぎている。


 両事例とも不気味で、不審に感じられるが、公的には二件とも「交通事故」として処理
されたという。これらは、本当に事故なのかもしれないが、事故にみせかけた犯罪ではな
いかとの疑念を払拭できない。

 交通事故に見せかけることを意図した嫌がらせ被害について、元学会の中堅幹部・小多
仁伯氏も、『池田大作の品格 PARTⅡ』で、自家用車のタイヤに細工された事件について
述べている。


>  警察とJAFに来てもらい、現場検証してもらいました。それによると、通常よく
> ある「愉快犯」が千枚通しのような鋭いもので一気にタイヤに穴を開けるやり方では
> なく、タイヤに数センチの長さのネジを差し込み、更に空気穴にも細工を施していま
> した。私が高速道路を走行する際、スピンして事故を起こさせる狙いではないかと想
> 像できたのです。
>  JAFの整備工がいうには、「過去のいろいろな修理や事故を処理してきたが、こ
> れほど悪質で程度の悪いのは初めてです」ということでした。


 小多仁氏は、広宣部と思われる者たちから、日常的に監視や尾行を受けており、この事
件も広宣部によるものである可能性は高い。

 小多仁氏と同様に創価学会を脱会し、批判者に転じた矢野絢也氏や山崎正友氏も、命の
危険を感じるような嫌がらせ被害を受けていたという。

 こうした被害が現実に生じていることは大問題であるが、いずれも犯人を特定したり、
犯罪を立証することが困難な手口ばかりで、その周到さには戦慄せざるを得ない。

 このような、きわめて巧妙な手口で狙われた場合、市井の民間人には、対処することは
難しいと思われる。

 個人的には、刑事事件として捜査対象になるリスクを冒してまで、学会にとって脅威に
ならない一般人の標的――上述した日蓮正宗関係者や、脱会して批判者に転じた元幹部を
除く「仏敵」――に対して、身体的危害を加えるような嫌がらせをする可能性は低いので
はないかと思うが、学会員には他人を苦しめて喜ぶクズも多い。

 まして、教宣部・広宣部に所属するような連中はなおさらそうだろう。現在被害を受け
ている人は、くれぐれも警戒を怠らないでほしい。

 また、今まで創価学会と関わらずに生きてこられた幸運な方にも、彼らが邪悪なカルト
であることを御理解いただき、被害を受けている人間の辛さを察してほしいと思う。

 そして創価学会の危険性について、親しい人に注意喚起してほしい。創価学会は日本最
大のカルト教団であり、学会員はいたるところにいる。あなたやあなたの大切な人が、些
細なことで奴らから逆恨みされ、次の標的にされるリスクも決してゼロではないのだから。